日光を浴びて精神状態を正常に保つ効果とは

精神的な安定性を与える日光浴

日光を適切に浴びると、体内でセロトニンという物質が合成されるんですね。
この、セロトニンはSSRIなど抗鬱剤に含まれている物質で精神を安定させる効果があるんですね。
他にも、統合失調症などの患者に投与される物質で、正常なセロトニンの分泌を行うことで、精神性が安定する効果がありますので、適切な日光の浴び方をすることによって精神状態を正常に保つことができるという健康効果があるのです。

日光浴で骨を丈夫にすることができる

太陽光を体に浴びせることによって、さらに実は骨を丈夫にsるうことができるんです。
適切に日光を浴びると、皮膚を構成する脂肪酸というものが状態を変化させるんです。
そして、脂肪酸が変化することによってカルシウムの吸収効率を高めてくれるんです。
カルシウムの吸収効率がアップすると、骨の新陳代謝がより活性化し、さらに太陽光を浴びることによって体内でビタミンDが生成されるので、その吸収により骨の密度が高くなるのです。

日光浴なら成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモンというのは、体を成長させることはもちろん細胞などの活性化を促す効果があり、肌や体内の調子を整え若返りの効果があるといわれているんですね。

骨、筋肉といった体を構成するものの細胞の維持をするだけではなく新陳代謝を促してくれる、という効果もありますので体内のエネルギー消費を促すことで脂肪燃焼などの効果もありダイエットをより効率的にすることもできるんです。

成長ホルモンは、実は太陽光を体に浴びることによって活性化し分泌されるものなので、若々しい体を保つためにも必要なんですね。
とくに、冬場というのは自然日光が減ってしまい日光を浴びるという機会も減ってしまい、それだけ成長ホルモンの分泌も下がってしまうのです。
なので、冬場は特に日光を意識して浴びることが大事です。

太陽の光を浴びる、ということはそれだけでも体の様々な成分などをより活性化させる効果があるんです。
つまり、日光を浴びるということ自体が本来は人間の体において自然なことなんですね。
なので、日光が出ている間はなるだけ外に出たり窓を開けたりすることで日光を浴びる機会を意識して作るといいでしょう。