真夏の強い日差しには覚悟せよ!

まず、一番わかりやすいデメリットはやはり夏場などの強い日差しの日ですね。
夏場なんかは、日光を浴びようとしなくとも例えば学生などに起こりやすいものと言えば日射病や熱中症ですね。
体育の時間などで長時間屋外に出て強い日差しに晒され続けることによって頭に熱い日光を浴び続け、紫外線と熱気によって体調を崩してしまうというものですね。

さらに、それ以外でも紫外線における被害というものがあります。
こちらは、肌に強い紫外線を浴び続けることによって肌に黒ずみ、シワ、シミなどが出来てしまうという美容的な意味でのデメリットですね。
さらに、これは度が過ぎてしまうことによって皮膚癌という取り返しのつかない病気に発生してしまうこともあるなど重篤な症状につながる可能性もあるのです。

日光を浴びすぎてしまい肌の劣化や老化の進行がはじまる

先ほどあげたこと以外にも、たとえば紫外線により肌の劣化、老化の進行が激しくなるという症状もあります。
さらに、この日光を浴びすぎることによって目にも障害を受けてしまう危険性もあります。

たとえば、白内障と言った視力を低下あるいは喪失してしまうようなリスクもあるんですね。
また、紫外線は殺菌効果もあるのですがこれは菌にだけ効果があるのではなく体内の正常な細胞も殺してしまうという作用があるのです。
なので、それによって免疫力を低下させてしまう危険性もあり、逆に病気になりやすい体になってしまうんですね。
なので、日光を浴びるという生活は適切な時間、適切な環境で行うことが必要になっているのです。

直接直射日光を見ずに防護策を考える

こういったデメリットを防止して日光を浴びるには、週3回以上でなおかつ1日15分から20分程度の時間で行う。
水分補給をまめにする、シワヤシミができてほしくないところは隠す。
そして、目で直射日光を見ないなどの防護策が重要です。

日光を浴びる、ということはそれ自体は健康に必要なことではあるのですが何事も過ぎたるは及ばざるがごとしというようにやりすぎることによって健康被害を生んでしまうこともあります。
なので、必ずデメリット防止策を行いましょう。