窓のカーテンを開けて思いっきり太陽の光を浴びていこう!

太陽光を浴びることで起きる健康効果

まず、太陽光を浴びるということは実は冬季うつ病などの改善や予防になるんです。
実は、冬季うつ病というのは心の病気ではなく太陽光などの光不足によっておこるものなのですね。

さらに、太陽光というのは体に浴びることで体や脳を覚醒させる効果があるんです。

朝起きた時に、まず一番にやることはカーテンを開けて太陽の光を浴びるのがいい、ということを聞いたことがないでしょうか。
そう、体に太陽の光を浴びるというのは実は朝だ、起床する時間だという風に自覚させやすいのです。

朝日を浴びることによって、体内のホルモンが分泌されて脳内が覚醒してからその後15時間から16時間ほどで眠気にいざなう物質が分泌され、眠る準備に入りますので夜に快眠をすることができるのです。

精神に影響を与える物質の分泌

日光を浴びることによって、神経伝達物質が分泌されるのですがこれはうつ病などの治療に使うセロトニンなどの分泌を助けるのですがこういったものは逆に不規則な生活を続けていると低下していくんです。

特に、これは昼夜逆転しているような生活をしているとおこりやすいのですがその原因の一つに数えることができるのが朝日を浴びるということをしないからです。

更に、夜型の生活をしていると太陽光を浴びる機会がさらにどんどん減ってしまうので余計にうつ病になってしまうという危険性があるわけです。

他にも、太陽光を浴びることによって、ビタミンDなどの成分を合成しますので、それは免疫を高める効果があるのです。
つまりは、風邪やインフルエンザというような感染症を防ぐことができるんですね。
なので、病気になりにくい体を作るということにもつながりますので健康を保つのにも効果があるのです。

太陽光、というのはそれを浴びることで体の中で健康な成分を合成して分泌させる効果があるのです。

さらには、太陽光から発生させられている紫外線というのは実は最近に対する殺菌作用を持っているのです。
なので、より感染症などにかかりにくくなりますので健康的な体を保ちつつ、病気になりにくいというメリットがあるんですね。